カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

Lc.ツリーリンク

リンク

RSS

プロフィール

多治見桔煌会

Author:多治見桔煌会
東濃を中心に第一線で活躍中の若手のビジネスマンや経営者が集まる会です。
内容は月に1度度の勉強会や清掃活動などなど。
みなさんも会を通して、一生を共に歩める仲間を創ったり、心やスキルを磨いてみませんか?

ブログ内検索

カウンター

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第18回桔煌会のご案内

桔煌会もいつも間にか18回目を向かえ、ご参加いただいている方々の何かのお役に立てている事と思っています。
ご存知の方もいらっしゃいますが、桔煌会は、こうした勉強会をテーマとしたものとイエローハットの掃除道ではございませんが、「気づき」について身をもって体感できる朝掃除があります。
ゴルフ同様、夏は暑くて大変ですが、今の季節はちょうど良い時期かも知れませんね。

掃除についての案内も近々できればと思いますが、まずは、次回の桔煌会のご案内です。

次回、3分間スピーチを少し拡大致しまして、全員参加の討論会を実施してみたいと思います。
簡単に記述いたしますと、持ち時間10分を利用し順にお話をしていきます。5分スピーチで5分討論でもいいですし、逆に参加者を対象とした疑問投げかけの調査でも良いと思います。

一応、メインタイトルを昨日のデニーズで考えました。

「5年前に振り返って・・・、自分はどう変わったのか。そして、3年後の自分は!!」

如何ですか?5年前の自分はどんな自分でしたか?そのとき、自分は何を目指し、その自分は今ココにありますか?
是非、当日までに個々で振り返ってみて整理してみては如何でしょうか?

桔煌会が終わった後には、前進した自分がいるはずです!!


日時 : 6月14日(土)
時間 : 18時30分~
場所 : レクセント株式会社

タイムスケジュール
18時30分~35分 挨拶
18時35分~45分 自己紹介
18時45分~19時35分 10分間スピーチ(10分*5人)
19時35分~50分 休憩
19時50分~20時40分 10分間スピーチ(10分*5人)
20時40分~21時20分 その他・連絡事項
~21時30分閉会

※ 参加者10人の場合のスケジュールです。



皆様のご意見お待ちいたしております。
スポンサーサイト

第17回桔煌会を終えて

5月17日桔煌会では、また新しい出会いの場となりました。
最近の桔煌会では、いろいろな価値観をもって参加いただける方が増え勢力的に活動しています。
参加されている方、一生懸命に宣伝していただけている方、皆様ありがとうございます。

さて、今回の桔煌会では、次のことをテーマとして取り組みました。

第1テーマ : 3分間スピーチ
発表者は、斉田さんと佐藤です。

斉田さんには、「考具」という加藤昌治氏の本で紹介されている「考えるための道具(ツール)」を紹介していただいた。
企画をしたりするときにブレインストーミングという手法があったり、最近でも企業で取り組んでいるところがあるのでしょうか?QCサークルをする際に有効な手法としてあるKJ法や魚骨図などがあるが同じような類として大変便利なPCツール「マインドマップ」です。

正直このツールの便利の良さには驚きました。
ひとつひとつ付箋に書いたりといった手間がほとんど必要なく、関連付けも視覚的に分かりやすく自社でも導入したいツールの1本です。
人の記憶メカニズムにおいてシナプス伝達効率というものがありますが、思いついたコメントが次々にA3サイズの用紙にまとまっていくのは見事でした!!

斉田さん!すばらしい紹介ありがとうございました。
※ちなみにコメントの1つに「斉田さん」というものがありましたが、私の中の思い浮かんだイメージが「IT」とか「プログラム」などでした。

次のスピーチでは、私がWOOD ACというNPOの方々のフォーラムについてご紹介致しました。
テーマは、「今求められる木の住まいとは」です。
皆様は今、木造の住宅について興味や関心がありますか?
日本は、世界の有名な都市の中でも一貫性のないデザインの国だと私は思っています。江戸時代など古き時代では長屋で・・・といったように日本=チョンマゲと思われるぐらいの古風な文化がありましたが、現在の住宅は近代化というべき個々の主張が強いたてものばかりです。
こうした時代からなのか、環境問題として世界的にさわがれているからなのか木造のニーズが増えているようです。
セミナーの具体的な内容は、WOODACさんのHPをご覧になっていただきたいと思いますが、このセミナーで基調講演されていた横内先生のコメントで印象的なものがありましたのでそれだけ紹介させていただきます。


「設計士は、デザインという設計にのみ特化してきているが、その設計に関わる木や素材など細かな1つ1つをもっと知らなければいけない」

確かに木造の住宅といってもいろいろな木の種類があり、一般人では違いすら分からず、考えず「木」という表面しかみえていないように思えます。
このことは、今回の木造住宅に関わらず、どの業種どんなことでも言えると思います。
あらためて考えさせられました。

このフォーラムの理事であり、桔煌会のメンバーでもある坂崎さん、そして実は、基調講演とは別に行われたパネルディスカッションで熱い想いを語っていた東白川村の田口さん、ありがとうございました。


すこしばかり文章が長くなってきました・・・。実は、3分間スピーチにも関わらず10分話をしてしまい柴田会長にも指摘されました。

今回の桔煌会の内容はじつに良かったので書くことが満載です。
後日に後編として、メインテーマの「投資のイロハ」と柴田くんからの「歴史の追憶」について記述いたします。

それでは・・・

第17回 5月17日桔煌会について

お疲れ様です。
次回の桔煌会は、投資について勉強したいと思います。

そこで次回の会では、電卓が必須となっています。
忘れずに持参下さい。

よろしくお願い致します。

事務局 佐藤

5月17日 桔煌会の開催のお知らせ

新緑の野山に心ときめく今日この頃、みなさまいかがお過ごしになられているでしょうか。先週はGWということもあって、桔煌士の皆様もご旅行にお出かけになられた方もおみえになると思います。

しかし昨今のガソリン価格やエネルギーの上昇、食料品の横断的な高騰など、今後は旅行を計画しても金銭的に何かと行きにくい状況になることは火を見るよりも明らかです。

そこでたとえ同じ給料でも、うまく資産を活用しより良い環境(金銭的)にしていくために次回桔煌会では投資のプロフェッショナルの方に「投資のイロハ」をレクチャー頂くことになりました。

講師は以前、地元東濃信用金庫で太田さんとご一緒に働いておみえになり、現在コスモ証券でご活躍中の水野様にお越しいただきます。

今回のセミナーですが投資と言う事もございまして、できるだけ多くの方にご出席願いたいと思っております。もしご友人の方などおみえになられましたら、お誘いあわせの上ご参加ください。

ご参加の連絡は直接、わたくし柴田か佐藤または当ブログでのコメントでお願いいたします。


プログラム

18:30~18:45 ; 『3分間スピーチ』×2名
18:45~18:55 ; 『歴史の追憶、今こそ温故知新!』
19:00~20:30 ; 『投資のイロハ!』

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : ブログ

ハックス関連サイト追加しました。

こんにちは!
最近ちょいメタボ気味の柴田です。

今日はMYブログに『Cool&Heat』ハックスの記事を2日連続でアップしましたので、
ご興味のある方ご覧になってください。

ではみなさま次回の桔煌会でお会いしましょう!!

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。